冬休みスタート

9:00~11:40 於、武蔵野市総合体育館

 トレーニング 40分間

 寝技 打込 45秒×10set

     乱取 45秒×12本×2set

 立技 打込 15分間

     乱取 2分×10本、3分×7本

 

冬休みが始まりました。

夏に比べて期間も短く、年末年始休みもある分、中身の濃い生活が送れると思います。

特に柔道においてはなおさらです。

ケガも多くなる時期、一日一日気を引き締めていかなければなりません。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    (火曜日, 21 12月 2010 11:29)


    確かに成長する為には、この時期(冬休み)がとても大切です。

    皆さん、ケガのないように、気を引き締めて「体力アップや研究」等をして下さい。

    ★今日は、勝負に対するこだわり「商売道具である柔道着の扱い方」を書きます!

    私の学生時代・・・寮の部屋はかなり凄かったなぁ~(笑)

    しかし柔道着だけは何時も綺麗にしていました。

    うちの道場の子供達には「柔道着だけは気を使い、自分で丁寧に洗濯をし、常に綺麗にしておく事!」という約束をしています。

    柔道着を大切にしない選手が、試合で勝てる訳がありません。

    私は今まで、柔道着と他のものを一緒に洗った事は一度もありません。

    ましてや、下着と一緒に洗うなど、私の中では考えられない事です。

    命を賭けて試合場に上がる際に身にまとう柔道着です。

    常にげんを担ぎたいものです。

    社会に出てからのビジネス界でも一緒ですが、ビジネスバックを粗末にする者、バックの中が整理できていない者が、ビジネスでも成功できる訳がありません。

    ビジネスともなると、まずは外見で判断され、足元を見られるケースが多いので、私は特に身だしなみには十分注意を払ってきました。

    皆さんも、常に「制服・私服・柔道着」等の身だしなみを整えて「勝負」に対するこだわりを自分流に抱いて貰いたいと思います!

    ★今後も藤村女子柔道部「各自の心の身だしなみ」意識に期待!

  • #2

    3150 (火曜日, 21 12月 2010 12:10)

    【洗濯カゴを要求?】
    寮生活は、まずは洗濯からですね!
    私の親に最初の電話は・・・
    「洗濯カゴが足りんから送って・・・」と言って、大きな洗濯カゴを買って送って貰った!
    学生の頃、寮生活を経験・・・
    初めはどうしてもリズムがつかめず、気が付くと洗濯物の山で、履くパンツが無くなり、洗濯物を探り返し、一番古いパンツを引っ張り出し、裏返しにして履いたものだった!
    また、時効だと思うので白状するが・・・
    当時、寮には洗濯機が少なく、1年生にはなかなか回ってこず、また先輩の洗濯物も、洗濯しなくてはいけないし、自分の物を洗濯する時間も、お金も無く、ままならない。
    しょうがなく、夜中に外のコインランドリーに行き、先輩から代々伝わっていたやり方で(秘)明け方まで、2週間分ほどの洗濯をよくしていたものだ・・・
    (お金を使わず!?)
    特に冬場は、コインランドリーのあのスペースが乾燥機の存在で、やけに胃心地がよく、先輩から解放された、特別な、私の寝室でもあった・・・
    洗剤の量や、柔軟剤の使い方や、洋服のたたみ方、靴下のたたみ方、パンツのたたみ方、ハンガーの有効な使い方など等・・・
    たくさん学習したものだ・・・
    将来、家の子供達も学生になり・・・
    休みで帰ってきたら、まずは洗濯をさせてみよう・・・と思うのである!(3150)

  • #3

    上打家のPeople Bito(雅諭雪) (水曜日, 22 12月 2010 11:46)


    いよいよ今年も、あと10日程です!
    今年、私は最も印象に残った人物の一人に19才のプロゴルファー石川遼君も挙げられます。

    :石川遼プロ
    史上最年少での1億円突破記録もさることながら、インタビューの対応等素晴らしいものがありますが、とにかく前向きで、自らモチベーションを上げていく姿に感動致しておりました。

    よくサラリーマン世界で、モチベーションが上がらないのは上司の責任のような論調があります。
    勿論、その一面はあると思いますが、その様に意識している者は、いつになっても仕事でもプロ(職人)にはなれません。
    私達、プロ(仕事)は全て自己責任です。
    自分の人生は人の責任でないのと同じです!

    皆さんも、プロ意識(美しい柔道家の心)を持ち続けて、日々頑張って下さい。(期待)

    <美しい柔道家とは・・・>
    綺麗に勝つ事を美しく柔道と言うのではありません!
    泥まみれになり!
    どん底から這い上がり!
    人の何倍も努力できる人が・・・美しい柔道家です!

    (深革より)

  • #4

    (水曜日, 22 12月 2010 14:34)

    我が子もいよいよ 冬休み突入です。

    今の頑張りが次ぎへと続くのでは...と私も思います
    親もモチベーションを上げて生きます(笑)

    そして 教えて頂いてる先生に感謝、今の環境が当たり前
    では決してない事を忘れずに居る事です

    がんばれ!!を連発すると 言葉が軽くなりますが
    とにかく がんばれ!!です(笑)