全国高校選手権都予選・個人戦

1月23日(日)

優勝1名、第3位3名ということで、昨年の成績を上回ることができませんでした。

個人戦においては、出場する4階級すべてで優勝・全国出場を目指しているので、目標達成とはなりませんでした。

都大会全体を見ると、優勝した選手は一本を取る技を持っていることは事実。

僅差を勝ち抜く精神力も大事ですが、トーナメントを勝ち上がるためにはやはり勝負所で確実に決めなければなりません。

来週の団体戦では、3分の中でワンチャンスをものにする勝負強さを求めていきます。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    3150 (月曜日, 24 1月 2011 11:31)

    さぁ!団体戦と繋がる大事な1週間前です!
    皆さんで襷を繋ぐつもりで団体戦も戦って下さい!(期待)

    ☆怪我
    曲がらないはずの方向に肘や膝や指などが曲がる・・・(苦悩)
    あっ!いかん。
    やらかした・・・と駆け寄ると本人はケロッとして「大丈夫です!」
    しかし何でもない所でイタタタとしゃがみ込む。
    また、始まった演技、演技と放っておくと骨折していたりする!
    本当に怪我は何とも分からない。
    指の捻挫でできない選手もいれば、ヒビが入っていても元気に戦える選手もいる。
    痛がりとか、我慢強いとかではなく、先天的な何かがあるような気がする。
    根性ではない何かが・・・
    中にはびっくりするくらい大げさな者もいるが・・・(苦笑)
    選手が怪我をすると、指導者は「大丈夫かなぁ~」と思う。
    医者で診てもらい大した事でないと「ほっとする!」
    痛みをこらえて練習を始める選手には「大丈夫か・・・無理するなよ」と思う。
    それで案外良い動きができたりすると「あいつ本当に痛かったのか?」と思う。
    やっぱり良い動きができないと「おいおい、止めとけ、無理するな?」と止めさせる。
    痛い痛いとなかなか練習を始めない選手には・・・
    「根性が足らん・・・あいつはやる気があるのか!」と思う。
    本当に難しい。
    痛みが、私達(指導者や親)に伝わればよいのに・・・
    いや、私達(指導者や親)に怪我がうつって治れば良いのに・・・
    でも、痛いのは嫌だなぁ~(笑)
    まぁ~今できる事に取組みながら、怪我はしっかりと直して下さいね!
    (3150)

  • #2

    (月曜日, 24 1月 2011 12:01)


    心が変われば、人生も変わる!
    残り1週間、一人ひとりの「無限の努力」次第で結果は変わります!


    ★無限の努力【1+1=∞】無限力! 

    【1+1=2】になるとは限らないらしい!?

    あいつも手を抜いているから、私もこれくらいでいいかなぁ~と練習していれば~
    【0.7+0.7=1.4】に成ります!

    一人ひとりが決められたメニューをこなしていけば~
    【1+1=2】に成ります!

    あいつが頑張っているんだから、私もやってやると頑張って稽古すると~
    【1.5+1.5=3】に成ります!

    くそ、あいつには絶対負けん!

    何とかして勝ってやろう。

    強い気持ちで稽古すると~
    【1.5+2=3.5】に成ります!

    更に相手も負けるもんかと根性入れると~
    【2+2=4】に成ります!

    そうです~
    これが相乗効果です!

    残り1週間~
    【一人+一人=∞力】やってやろうじゃないの…∞無限の努力!

    ★今後も藤村女子柔道部の一人ひとり「無限力」に期待!

  • #3

    上打家のPeople Bito(雅諭雪) (月曜日, 24 1月 2011 14:38)


    「感動」とは・・・「感じて」「動く」と書きます!
    団体戦で、皆が感激から感動に変わる事を期待しています!

    ≪前へ前へ≫
    色々なスポーツ好きの私ですが、中でもこの時期は高校ラグビーは大好きです。私はやりませんが、弊社にはかつてラグビーの選手だった人が多数おり、中には高校時代花園で活躍した社員もおります。ラグビーで好きな所は、ゴールに向かって前へ前へと無心でまっしぐらに突き進む男の姿です。そしてあの激しいぶつかり合い。ゴールしても決してゴールした1人がヒーローにならず、チーム全体の成果とする事。「One for All,All for One」の精神が大好きです。又試合終了は「ノーサイド」といいスポーツで戦った後は、敵も味方も無く1人の人間対1人の人間という精神が一層ラグビーを好きにさせています!
    皆さんも「One for All,All for One」の精神で団体戦も頑張って下さい!

    (深革より)