考査終了

13:00~15:45

ミーティング 30分間

寝技 補助運動 20分間

    打込 20分間

    乱取 20分間、30秒×10本

立技 3人打込 20分間

    投込 5本×2set

    乱取(元立) 3分×5本×2set

 

中間考査が終了し、今日から全員での稽古再開です。

テストも試合も共通して言えることは、毎日の積み重ねが成果としてあらわれるということ。

一夜漬けでは地力は養われません。

勉強への姿勢は、きっと柔道にも通じるところがあるでしょう。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    3150 (月曜日, 30 5月 2011 11:45)


    勉強をする意味!?
    「何で勉強なんかしないと駄目なのか?」まぁ~私も子供の頃よく親(母親)にそう聞いたものです。お恥ずかしい話ですが、この年齢になってやっとその答えが見つかりました。ある年になり、本当に自分がやりたい事と出会い、精一杯力の限り羽ばたきたいと思っても、若い間に勉強をしておかなかったらそれができないのです。文章一つ書くにしても簡潔に自分の意図を表現できないでは誰も相手にしてくれません。読むにも作者の真の意図を解釈できないでは、今でいう「KY」になりかねません。数式を使って説得力のある書類を作るにも数字に弱かったり、数学的物の考え方が出来ていないとそれができないです。どうか皆さんは今のうちに勉強して下さい。年がいってからでは大変です。私は毎日が劣等感です!(3150)

  • #2

    ☆爽心 (水曜日, 01 6月 2011 09:52)

    お早うございます。
    初夏を感じさせる季節となり、今年も暑い夏が間もなくやってきます。
    今年は、東日本大震災の影響により、節電対策が企業に求められているため、例年以上に熱中症が増加することが予想されます。
    そこで、今回は特別号として「今からはじめる熱中症対策」をお届けします。


       ■■■心の健康づくりに関する情報配信■■■

    ◆熱中症にならないカラダ作り◆
    今からできる熱中症対策は、本格的な暑さを迎える前の今頃から上手に汗をかけるカラダ作りをして、暑さに慣れておくことです。
    その具体的な方法をご紹介します。

    ○ウォーキングなどの有酸素運動で汗をかく習慣をつくる。
    (運動中はのどが乾く前に水分補給をすると汗をかきやすくなります)

    ○少しの暑さのときは、窓を開けるなどの対処でカラダを暑さに慣れさせる。
    (すぐにエアコンをつけない)

    ○体温よりも少し熱めの飲み物(白湯など)を飲んで代謝を上げる。

    このように、無理のない程度の取組みで、少しずつカラダを慣れさせていきましょう。
    また、かいた汗はこまめにふき取るなど、清潔を保ちましょう。

    ◆食習慣でも熱中症の予防対策を◆
    暑くなると素麺などのさっぱりした物で食事を済ませることが多くなりがちです。
    肉や魚、野菜などもとって、いつも以上にバランスのとれた食習慣を心がけましょう。
    また、夏バテや熱中症の予防に効果のあるお勧めの食べ物としては、次のようなものが挙げられます。

    ○「カリウム」の多い食べ物は、回復力を高める効果があります。
    例:バナナ、とうもろこし、枝豆、メロンなど

    ○「ビタミンB1」の多い食べ物は、疲れにくくする効果があります。
    例:豚肉、ウナギ、玄米など

    ○「クエン酸」の多い食べ物は、乳酸の発生を抑え、疲労回復に効果があります。
    例:梅干し、レモン、グレープフルーツ、黒酢など

    このような食べ物を普段の食事に取り入れてはいかがでしょうか。


    ◆熱中症の症状が出たときの対処法◆

    熱中症を疑われる症状を感じたときに、自分自身や周囲の人が『熱中症になったかもしれない』と疑うことが応急処置の第一歩です。
    熱中症は、短時間のうちに重症になる可能性がありますので、体調の変化を軽視しないようにしましょう。

    ○重症度1度
    症状:めまい、立ちくらみ、汗をふいても出る、筋肉のこむら返りが起こるなど
    対処法:我慢せずに周囲の人に伝えて、水分や塩分(スポーツ飲料など)をとり、涼しい場所で休みましょう。

    ○重症度2度
    症状:頭痛、吐き気・嘔吐、体がだるい、判断力・集中力が低下するなど
    対処法:すぐに周囲の人に伝えて、水分や塩分(スポーツ飲料など)をとり、足を高くして休みましょう。
    また、周囲の人は、本人が水分や塩分をとれない場合、病院へ連れて行かなければなりません。

    ○重症度3度
    症状:意識がない・返事がおかしい、体がひきつける、体温が高いなど
    対処法:周囲の人は、直ちに救急車を呼び、首・わきの下・足の付け根などを冷やさなければなりません。

    皆さんで熱中症予防対策をして、道場(稽古)や学校(職場)における熱中症予防対策 熱中症を防ぎましょう!

  • #3

    上打家の人人(People Bito) (水曜日, 01 6月 2011 11:20)


    やりたいことがやれるのは、それだけでも幸せなことです。
    やりたいことが一つでも二つでもできている人は、やりたいことがやれる幸せを感じることが大事です。
    ・朝、「今日もやりたいことができる」と思えば、やりたいことがやれる幸福せ感じられるとともに、その時を楽しみに、1日を始めることができるでしょう。
    ・やりたいことを始める前に、「やりたいことがやれるんだ」と思えば、やりたいことがやれる幸せを感じられるとともに、やりたいことをより楽しめるでしょう。
    ・やりたいことをやった後に、「今日もやりたいことがやれて良かった」と思えば、やりたいことがやれている幸せを確かに感じられるでしょう。
    ・1日の終わりに、「自分は今、やりたいことがやれていて幸せ」と思えば、幸せな気持ちで眠りにつくことができるでしょう。
    やりたいことがやれる幸せを感じられるようになれば、多少つらいことや落ち込むことがあっても、早めに立ち直ることができるでしょう。
    やりたいことがやれる幸せを力に、さらに幸せになれることができたらいいのではないでしょうか。
    やりたいことがやれている幸せを日々感じる生活です。
    (深革虫~雅諭)