宮古島だより・5日目

今日で4泊5日のスクーバ実習が終わりました。

初日はスキンダイビングだけでしたが、みんな疲れてすぐに寝てしまいました。

2日目は待ちに待ったダイビング。

最初は不安でしたが、潜りだしたらきれいな魚を見ることができて、みんな楽しそうにしていました。

3日目は2回潜り、初回はマスククリア・マスク脱着などをこなし、海水で目が痛くなりました。

2回目には空気が無くなったときに、バディから空気をもらう技術にのぞみました。

4日目は来間島にてボートダイビングをし、6・7メートルくらいまで潜ることができました。

5日間、大きなケガやトラブルもなく、みんな元気にやり遂げることができました。

スクーバ以外のことも学ぶことができたので、東京に戻ってからもそれを学校生活に活かしたいと思います。

【椿】

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    快晴 (月曜日, 11 7月 2011 23:32)

    みなさんの
    楽しいのが伝わります♪(^.^)なかなか体験できない事ですよね

    きっと何事においても 同じで自分が居る世界が全てと思いがち
    で満足してるのかもしれません
    一歩踏み出すと 別の世界が繰り広げられていて
    自分が今まで誇りに思っていたもすら ちっぽけな物となって
    いるのでしょう
    でも 一歩踏み出さなければ 別の世界すら見る事ができません
    難しい・・・(笑)

  • #2

    (金曜日, 15 7月 2011 11:51)


    有難うございます。

    本人曰く・・・今回も、良い経験が出来たみたいです!

    まぁ~アスリート選手は、日々「色々な物事」や「色々な人」に関わり、泥々の泥臭い泥まみれ(汗まみれ)の日々を送る事があります。

    だからこそ意識して、「綺麗な物」、「綺麗な環綺」、「心が綺麗になれる人」に関わる事が大切です。

    柔道でも、勉強でも、人生でも、「綺麗な物・環・人」等に携わり、学ぶ事は大切な事です。

    信じる心、愛する心がないと学ぶ心は生まれません!

    学んだものを仲間や後輩達に伝える。

    それが「教育」 ですね!

    子供達には・・

    人として・・・

    チャンピオンスポーツマンとして・・・

    社会人として・・・

    人として・・・

    ビジネスマンとして・・・

    親として・・・

    常識人として・・・

    人生の道標として・・・

    色々な「在り方」、「考えか方」を学ばせたいものです。

    今後も、色々な面からのご指導ご鞭撻を何卒宜しくお願いします。

    日々感謝

  • #3

    皐月 (水曜日, 20 7月 2011 10:04)

    なでしこジャパンから思うこと…
    一昨日、奇跡的な勝利で世界一に輝いた「なでしこジャパン」に心からお祝いを言いたいです。
    そして、「世界一でないと駄目なんですか…2位じゃ駄目なんですか?」と話していた●●さん!
    「東日本大震災の被災地への支援に感謝する横断幕を掲げる日本イレブン」
    やはり思いは「世界一」でないと駄目なんです!(感動)

  • #4

    (水曜日, 20 7月 2011 10:17)


    熱い想い!お見事!なでしこジャパン!

    数日前に、その勝利を予測いたしておりました!

    『なでしこジャパン』が、見事に優勝し世界一を獲得しました。

    試合前、どう観ても不利と言われておりましたが、私はチーム力の強さと勢いを、なでしこジャパンに感じておりました。

    その一致団結したチーム力が、常にリードされながらも、最後まで「焦らず、慌てず、諦めず」に世界一を座をもたらしてくれました。

    私達も柔道界『試合や練習面』では、常に色々なテーマに遭遇しますが、こんな時こそチーム力を発揮して、しっかりと対応してまいりましょう。

    おめでとうございます。

    そして、熱い想い『感動』を有難うございます。

    私たちも、柔道にたいする『熱い想い』を忘れずに、日々稽古に励みましょう。

  • #5

    上打家の人人(People Bito) (水曜日, 20 7月 2011 10:44)

    熱い想いとは・・・

    「相手への信頼」と「自分自身の覚悟」からです!

    最近つくづく思うことが、「相手への信頼」と「自分の覚悟」が、チームや人に「奇跡を起こす!」と言うことです。

    効果を出している組織のリーダーや柔道界(チーム)の指導者の方々に秘訣をお尋ねすると・・・

    異口同音に、「この人(●●さん/この子)はきっと良くなると信じていますし、その為なら私は何でもすると決めていることです!」とおっしゃいます。

    「相手の可能性への絶対的信頼と…自分の覚悟」の「あり方」想いが凄いのです。

    逆に、人や組織(チームメイト)と効果的に関われていない人達のお話を伺うと、「あの人には何を言ってもダメだよ…」、「あのチームには何をやっても無駄だよ…」とおっしゃいます。

    相手への不信感?

    そしてやる前からの腰引け感?

    その『あり方』想いがスタート時点から揺らいでいます。

    相手を信じる、その為なら何事にも「期待する」熱い想いからですね!

    (深革虫)