都中学校新人体重別選手権大会

来夏の全中をうらなうこの大会は、試合数の少ない中学生にとってとても貴重な経験です。

中学生も高校生もこの新人大会で実力不足を自覚してことと思います。

投げることができなくても指導を取ってでも勝ちきるような執念、GSでの持久力、確実な組み手など、精神面・体力面・技術面で取り組むことは山積しています。

どうすればできるかに挑戦するのがアスリートの魂です。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    (月曜日, 31 10月 2011 11:47)

    試合、ご苦労様でした。
    今回の貴重な経験を各自が活かし、稽古に取り組んで下さい。


    アスリートの魂・・・精神面・体力面・技術面!

    人間は誰でも弱い。

    自分の為、自分との約束はもろい。

    苦しい事は誰でも嫌い。

    辛い事も、悲しい事も、寂しい事も全部嫌い。

    しかし、それらを避けた人に成功は存在しません。

    大切な誰かの為に、大切な方との約束で、誰もが嫌がるが・・・嫌いな苦しい事、辛い事、悲しい事、寂しい事を乗り越え、努力し「成功」が存在します。

    しかし、気付かない人、始めから気付こうとしない人、気付いたけど本気で活動しない人が沢山います。

    世の中は不思議です。

    気付く・・・世の中には皆に素晴らしいチャンスが与えられます。

    チャンスを活かせば・・・人生が変わるのは一瞬です。

    大事な事は「決める事」決めるという事は何かを捨てる事。

    「努力」とは頑張る事。

    頑張る事は誰だってできるし、やっています。

    本当の「努力」とは・・・人がやらない事を、人から言われなくても、人が見ていない所で、人と違う行動をやる事が、「努力」という名の行動です。

    今後も皆さんの素晴らしいチャンス活かす「努力」本気の継続に期待!

  • #2

    秋晴 (水曜日, 02 11月 2011 13:39)

    《指針》

    一人だけでは 前に進む事ができない 進み方も その方法すら
    分からない時が あります

    道は開くものだと言いますが...自分一人の力ではどうすることも
    できない事もあります。

    導いてくれる人が そこには居ますか?

    そこで 人生が二手に分かれてしまいます。

    導いてくれる方に 感謝...感謝です。




  • #3

    3150 (金曜日, 04 11月 2011 10:13)


    【成功の道=進歩の波】
    成功するために「進歩の道」を進めば、少しずつ幸せに暮らせるようになっていけると信じています。それは、自分自身の進歩の波(努力する能力)が進歩していくからです。でも、その進歩の道には波があるように思います。けっこう進歩したように感じられることもありますが、なかなか進歩が感じられない時期もあるでしょう。私の実感としては、階段のような感じでしょうか。時々壁があって、それを乗り越えるとステップアップするようなイメージです。こういう進歩の過程ってけっこうあるような気がします。それについて、前々から考えていることがあります。大きい波があって、その波全体は右肩上がりなのです。すると、それは階段型に近いのではないか、ということです。わかりやすいのは、紙に波をいくつか続けて横方向に書きます。その紙を45度反時計回りに傾けると階段型に近く見えませんか?要は、努力を続けていれば、波はあるが右肩上がりに進歩していくということです。進歩には波があってなかなか進まないこともあります。でも努力を続けていれば実力は少しずつついているのです。それがいい波と重なって現れた時に、ステップアップしたように感じられるのではないか、ということです。なかなか進歩が感じられない時でも、1年前に比べたら少しは進歩の波「成功の道」を進めるようになれた、努力を始める以前の自分に比べたら相当に進歩の波「成功の道」を進めるようになれた、とは思えるようになれると思います。進歩の波「努力の道、成功の道、感謝の道…」すべて、「素晴らしい出会いの道」からです。日本一の親孝行の道!3150