RT(ラントレ)

16:00~17:30 於、井の頭公園

 ランニング

17:30~19:00 於、藤村道場

 体幹トレーニング

 

中間考査が終わり、次の期末考査までの1カ月間は、基礎体力作りにも力を入れ、原則として火曜日と金曜日はRT(ラントレ)を行います。

トレーニング日は、柔道衣は着ません。

先月参加した関東北信越ジュニアブロック合宿の際、朝のランニング時の本校選手の様子を見て、また全日本強化コーチの曽我部先生の講義などを参考に取り組むことにしました。

かつては週1回ウェイトトレーニングを行っていましたが、試合も多くなり、部員も増えたので、なかなか定期にトレーニングを行うことはありませんでした。

柔道とちがい、数字によってはっきりと自分自身を知ることになります。

走るのが速くなれば柔道が強くなるわけではありません。

何事にも向上心を持って、ひたむきに取り組むことができるかどうかだと思います。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ☆爽心 (月曜日, 07 11月 2011 10:20)

    お早うございます。
    スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋…秋には色々な楽しみ方がありますが、みなさんは、どんな秋を過ごしていますか?
    趣味を楽しむのにも程よい季節となりました。自分にあった方法で気分をリフレッシュさせましょう。

    さて、新チームの新しい環境や練習、試合(チームワーク)に慣れるまで、戸惑うことも多々あると思います。
    周囲の方々は、是非ご自分の初心を思い返していただき、温かいサポートをお願いします。
    また、役割やチーム改善などにより、チームの雰囲気に変化があった時には、メンバー1人ひとりがスムーズなコミュニケーションを心掛けることが求められます。
    上手なコミュニケーションをはかるためには、自分を適切に表現することが必要です。
    ちゃんと自己表現ができてくると、人間関係上のストレスは軽減すると言われています。
    そこで、今回は自分を適切に表現する「自己表現」のポイントを紹介したいと思います。

    ◆自己表現6つのポイント◆

    1.自分の気持ちを正確に把握する!
    ・・・まずは自分の伝えたいことを整理してみましょう。

    2.日頃どんな自己表現をしているかチェック!
    ・・・家族や友人に何気なく聞いてみるのもいいかもしれません。

    3.相手の反応を気にしすぎない!
    ・・・気にしすぎると正直な気持ちが伝えられなくなります。

    4.言いたいことを適切な表現で!
    ・・・5W1H(いつ・どこで・だれが・なにを・なぜ・どのように)を心掛けると言いたいことが伝わりやすくなります。

    5.自分を知ってもらう!
    ・・・自分に壁を作っている状態で、自分のことを理解してもらうことは、ちょっと難しいことかもしれませんね。

    6.相手の話をよく聞く!
    ・・・自己表現するためには、同じぐらいに相手を理解しようとする気持ちが必要です。

    いかがでしょうか?

    試合も、部員も増えた時は、各自が何事にも向上心を持って、ひたむきに取り組むことができるかどうかだと私も思います。

    参考にしていただき、上手なコミュニケーションをはかってください。