講道館杯

16:00~19:00

 ミーティング 30分間

 寝技 打込 25分間

     乱取 20分間

 立技 打込 25分間

     乱取 3分×12本

 

講道館杯を終え、ビデオでの確認も踏まえ、次に向けてのミーティングを行いました。

ロンドン五輪の1次予選となる大きな大会に出場した選手の課題は、チーム全体でも共有しなければクリアできないことだと思います。

一方で卒業生の浅香夕海選手(東海大学4年)の優勝は見事でした。

インターハイ連覇以来の日本一、しかも5試合オール一本勝ちでのシニア大会初優勝でした。

足技での一本勝ちや、立ち技から移行しての寝技など、柔道人生の集大成となる見事な試合運びでした。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    (月曜日, 21 11月 2011 10:20)


    【祝】

    浅香夕海選手、優勝おめでとうございます!

    卒業生やチームメイトの方々の成功や幸せの喜びが新たな活動の原動力となります。


    ●●へ

    本物の幸せとは、外側の幸せではなく、内側の幸せ(ハート)です。

    不幸を知らない人は幸福を知らない 。

    試練がなければ 人生の充実感は味わえない。

    転んだら立ち上がる。

    立ち上がり方によって人間は成長する。

    試練は乗り越えられる人に与えられるもの!

    無意味な試練は存在しません。

    試練の向こうには輝く世界が待っています。

    そこは試練を乗り越えた者のみが知る世界です。

    頑張って下さい。祈っています。

    応援している皆が・・・・・・の笑顔を心待ちにしています。

    今後も皆さんの原動力「試練を乗り越え」活躍に期待!